ショウジョウバエ 麻酔 顕微鏡

麻酔ピンは炭酸ガスを試験管など隙間からガスを噴射させてショウジョウバエや蚕などの昆虫の研究に使用します ショウジョウバエの研究は遺伝学 細胞学 発生学に使われています

麻酔ピン

麻酔ピン

小さな昆虫などガスを噴射させて麻酔

麻酔ピンはピン先からガスを放出

試験管などに隙間からガスを注入

ショウジョウバエの研究は遺伝学、細胞学、発生学とさまざまな研究に使われています。

ショウジョウバエは飼育の容易さと世代交代の速さ、蓄積された歴史が長く何千もの突然変異が発見され、さまざまな系統が作られ維持されていることで、遺伝学や細胞学、発生学といった研究材料に使われています。

ショウジョウバエ科 キイロショウジョウバエ

  • 遺伝学、細胞学、発生学などの研究材料に適している
  • 中でも発生生物学の研究にもっとも活躍
  • 発生現象は分子レベルでの理解が急速に発展
  • 染色体は四対であり、ゲノム塩基配列がおおかた解読完了
  • ゲノムプロジェクトによるゲノム解読は終了
  • 分子解剖学的にも脳の神経回路をおおかた記述
  • 学習や記憶のメカニズムにも使用
  • 人の病気の原因として知られている遺伝子の61%がある
  • 遺伝的には人とショウジョウバエは非常に類似
  • 人疾患の病理メカニズムの解明モデル
  • 人の遺伝病、癌などの病気を解明する為の研究材料

さまざまな研究に使用されているショウジョウバエの研究には何をするにも動きを止めなければいけません。そこで麻酔を使用するのですが麻酔方法のなかでも影響が少ないと言われている炭酸ガス麻酔がよく使用されます。麻酔台は台全体から炭酸ガスを流すためショウジョウバエや蚕などの昆虫の研究に対し作業が容易に行えるのが特徴です。

蚕の麻酔は変態やホルモンの生理学など解剖観察や実験にお使い頂けます。

炭酸ガスを流している間は麻酔に掛かった状態になります。炭酸ガスを止めて30秒程で動き出します。放出するガスは炭酸ガスだけでなくどの様なガスにでもご使用出来ますので、他の用途にもご使用頂けます。また全体が小さく小型なので顕微鏡での観察にも利用可能

オプション /ショウジョウバエ・蚕 麻酔

フットスイッチ

フットスイッチ

トッケン製昆虫麻酔台用に新たにフットスイッチが加わりました。
これによりガスのオン/オフ操作が足元で行えるため、いつでも両手はフリーになり作業に集中できます。また、今まで分かりにくかったガスの流出状態もコントローラーのランプにより、確認できます。すでに昆虫麻酔台をご使用に方にもご利用いただけます。

仕様 /ショウジョウバエ・蚕 麻酔

型式 TK-HA05

※ガスは別途ご用意ください
※今後仕様変更の可能性があります