トッケンでは理化学機器、理化学器具の製造、販売を行っております。その他、各種研究にかかわる実験器具などの特注やOEMも行っております。

培養細胞破砕装置

オルガネラコレクター TK-OC03

培養細胞からの細胞小器官の回収

培養細胞破砕装置「オルガネラコレクター」は培養細胞などを破砕してダメージの無い細胞内小器官(オルガネラ)を回収するための破砕装置です。
薬剤などを使用せず、チューブ内に素早く吸引、吐出を繰り返すことによりその圧力にて細胞破砕を行うので各細胞小器官の活性を維持した状態で取り出すことができます。破砕後は遠心分離で目的のオルガネラを分画します。冷却機能により破砕中の熱によるダメージを低減させます。

ディスポチューブを使用して培養細胞の破砕を行います。

  • プログラムされた工程を自動で繰り返すオートモード
  • 目視で懸濁状態を確認しながらのマニュアルモード
  • 冷却ブロック、チューブホルダーにより低温維持
  • デジタルコントロールによる高い再現性
  • ディスポーサブルで洗浄の手間もなく、コンタミやサンプルロスの心配を低減

オルガネラコレクターの使用用途・使用例

  • 無毒性で生理機能に影響を与えない破砕
  • 液-液相分離
  • 細胞分画法による目的の細胞小器官の抽出
  • 培養細胞から細胞内小器官をきれいに取り分ける
  • 細胞内小器官にダメージを与えず破砕する
  • 薬品、酵素などを使用せず自然な状態でオルガネラを回収する
  • 極微量組織を優しく破砕する
  • 血液、尿などからの目的物質の抽出、禁止薬物、ドーピング検査
  • 細胞からのウイルスの分離
  • オートファジー 細胞内代謝 等の研究

使用方法

  1. 培養細胞の入ったチューブをチューブホルダーに入れ冷却ブロックにセットする。
  2. 破砕用のシリンジを装置本体にセットする。
  3. スタートボタンを押して破砕スタート。(オートモード) マニュアルモードに切り替えUP/DOWNレバーで破砕スタート(マニュアルモード)
  4. 破砕が終了したら冷却ブロックを下げ、チューブホルダーごとチューブを取り出します。
  5. チューブを取り出し目的の細胞小器官を遠心分離する。

仕 様

サイズ W330XD230XH450(mm) 約13kg
サンプル処理量 1.5mlチューブX4本使用 細胞懸濁液1ml程度/1チューブ

※価格、仕様は予告無く変更する場合がございます。お問い合わせ下さい。

関連商品の紹介 /破砕器具

ステンレス容器での強力破砕 クールミル

ステンレス容器により強力破砕 歯、骨、昆虫、木材、 プラスチックなど硬組織の破砕に最適。樹脂成分検査、残留検査、輸出検査等の前処理にも最適。SKミルに比べ大きなサンプルを粉砕するのに便利 SKミル同様そのまま液体窒素に入れ叩く事でサンプル粉砕

手で振りチューブ内で破砕にSKミル 凍結破砕器具

チューブに破砕サンプルを入れて振るだけで凍結破砕が出来きます。密閉チューブ内で破砕をする為サンプルのクロスコンタミネーションが無く短時間で破砕が出来ます細胞破砕を手軽に簡単にする器具です密閉式チューブの為サンプル飛び散りもなく手で振り手軽に細胞凍結破砕処理が可能

Copyright (C) 2016 Tokken,inc. All Rights Reserved.